イラストを勉強して2年間を棒に振った話をします

ブログタイトル通りです。

当ブログではイラストの「イ」の字も出ない雰囲気ですが、約10年前、2年間イラストの勉強をしていた時期が僕にはありました。

当時のことは黒歴史だと思ってますし、思い返すだけで何やってたんだろうという黒い感情が渦巻くのですが、この機会に少し振り返ってみます。

走るとり
いつもよりトゲのある文章でお送りいたします

イラストが描きたくて専門学校に通ったきっかけ

さかのぼること約10年前。僕が高校生だった頃の話。

商業高校に通っていた僕は、イラストの勉強をするために次の進路を専門学校に決めていました。

進路決定は、授業中に世界史の教科書に出てくる偉人たちを模写していたら、友達から「うまいね!」と言われたのがきっかけでした。あと自宅で漫画の模写をすることにハマっていたことも理由の一つかも。まぁそれだけではなかったはずですが、今ではそれ以外のこと思い出せないです。

「イラストの世界で生きていけたら楽しそうだなぁ」と思い始めて、気がつけば専門学校に通っていました。

気がつけば、なんて言い方は教育費を出してくれた両親に失礼なんですが、理由も曖昧なのに安くもない教育費をよく出してくれたなと思います(いつか恩返ししなければいけないフラグ)。

きっと当時の僕には両親を説得するほどの熱量があったのだと思います。

 

専門学校の授業内容

授業は真面目に出席していて、いろんなことをやりました。

・デッサン・水彩画

・ドローイング

・アクリルガッシュでのイラスト制作

・イラストコンペの参加

・巨大なアートボードを使ってのイラスト制作

・ほんの少しイラレ、フォトショの授業

ざっと思い出せるだけ書くとこんなことをやりました。基本は紙を配られて「さァ、描いてください。分からないことは聞きに来て」のスタイルだったと思います。

過去の作品を載せて紹介もしたいのですが、あまり振り返りたくないという気持ちが強すぎて、数年前に全部捨てました。なのでデータが残ってません…。

初めての課題でA3用紙に自分のプロフィール兼イラストを描いたのですが、その際は「将来の夢:イラストレーター」と堂々と描いていました。しかしその夢は叶わず。ご存知の通り、現在はwebデザイナーになりました。

 

イラストレーターになれなかった理由

実際、イラストレーターになれなかったどころか、イラストのレベルは素人にちょっと毛が生えた程度しか上達しませんでした。当時の僕もずっと「なんでうまくいかないんだろう」と悩みながら毎日過ごしていたと思います。

10年たった今、当時のことを振り返ってその理由がなんとなく掴めてきました。

その理由は、(一言に才能がなかったで済まさないのであれば)勉強のための勉強を2年間ずっと続けてきたからだと思います。

学生時代はイラスト上達のための勉強法をずっと探していました。パースの勉強、アニメ塗り、厚塗りの勉強、有名な絵師の線の描き方など。Pixivにずっと張り付いてイラストを眺めていたこともあります。

ブックオフに通っては、バイトで稼いだお金で参考書を買い漁りました。好きな絵師の画集も買ってました。

しかし参考書を横に置き、模写を繰り返し続けたものの、一向に上達しませんでした。知識はついていくのに、いざ自分のオリジナルを描こうと思っても筆が進みません。出来上がった下書きのレベルの低さに色を塗ることもしませんでした。それが嫌で自分の絵は描かず、模写することに逃げていました。

いつしか模写する→オリジナルを描く→嫌になって模写をする→オリジナルを描く→嫌になって模写をする→オリジナル…いや模写しよう→模写→模写もしゃ…というもはやループにもならない「模写をする」という流れができあがりました。

 

こんな感じのことを2年続けていました。

なので本当に描きたかったイラストはなんだろう?と、いま思い返しても思い出せないのです。

 

手段が目標になったら詰みです

イラストが上手になりたかったのは間違いないです。誰よりも上手になりたくて、必死に勉強をしていたつもりでした。しかし僕の目標がいつの間にか、イラストの知識を身につけること、模写をうまくやることになっていたのだと思います。

努力することが目標になっていて、その先のどうなりたいかが全く見えていませんでした。

それに模写だったら他人の上手な絵を真似るので、下手な絵を描かずに済みますし、そういった無駄なプライドもめちゃくちゃありました。

 

勉強している間って実は気軽なんですよ。参考書をなぞるだけなので、自分の頭をあまり使わずこなすことができるから。

ですが、目指すべきは上手なイラストを描くことではなく、描きたいイラストを探すこと、自分のスタイルを身につけることを優先すべきでした。

辛くても自分の描きたいものを探すことをしていたら、もしかしたら違う道を選んでいたかもしれませんね。

そういえば、イラストレーターがどのような職業かを具体的に調べたことがありませんでした。業界を調べようともせず、「イラストを描いていればきっとうまくいく!」と思っていましたが…うまくいくはずがありませんでした。

なりたい姿も見えていない(見ようともしない)のに、なれるわけないですよね。

 

仕事にしてしまうのが一番手っ取り早い

紆余曲折あり、webデザイナーになったわけですが、webデザイナーになってからは、成果の出ない練習を重ねていないかを意識するようにしています。

これまで書いたように僕自身、自己啓発にはまりやすいタイプで、気を抜くと作業的な努力に走ってしまうので気をつけるようにしています。

なのでwebデザインをやりたいと思ったときに、「もう職業にしてしまおう」と行動に移せたのは過去の苦い経験があったからだと思います。僕みたいなタイプはやらざるを得ない環境に身をおくのが一番だと考えました。

上手くなることを意識するより、自分のつくりたい作品を意識することの大切さを感じています。

・・・10年経ってようやくここまで言葉にできました(笑)

 

———

 

冷静に振り返れるようになったからこそ、もう一度イラストを描こうかなとも考えていたりします。

もうイラストを職業にしたいとは思いませんが、イラストを描くこと自体はやっぱり好きだしどこか諦めきれない気持ちは心の片隅にあります。

今度イラストを描くと決めたときは、自分のイラストを発信していこうと思います。

走るとり
黒歴史だとは思いますが、後悔はありません!